108 / 365

1年間に読んだ本/見た映画・演劇の合計が108になるといいなあ、という日記。

1、『THE GOAL (コミック版)』

1冊目がマンガで情けないですが、仕方ないですね。

 

田舎のTSUTAYAでもビジネス書ランキングでトップテン入りという売れようです。

 

マンガは強いですね。 

 

原著(の和訳)は去年すでに読んでいました。

 

流体力学に根ざした経営理論であるTOC(Theory of Cnstrains)の夜明けを告げた画期的書物ですが、理論書ではありません。小説です。プラトンソクラテス対話篇』とか、ガリレオ『天文対話』など、物語の形を借りて自説を紹介するタイプの科学本は、実はヨーロッパの科学界ではありがちなことなのだろうと思います。なにより、読みやすい。

 

TOCとは何か。『The Goal』によれば、「制約条件を発見し、その制約に他の資源を集中させること」です。そして、その効果は①「スループットは増えたか」②「仕掛在庫は減ったか」③「期間費用は減ったか」によって測定します。

 

この評価基準は重要です。評価基準が誤っていれば、その誤った基準に則した評価は無意味/無価値だからです。

 

①「スループットは増えたか」。すなわち、売上からコストを差し引いた純粋な取り分、すなわち「お金」が、その施策によって増えたかどうかは、企業にとって最も重要な指標となります。

②「仕掛在庫は減ったか」。すなわち、将来的なスループットを生み出すために投入したものの、自社内工程に滞留している「お金」が減ったかどうかは、企業の資金繰りに大きな影響を与えます。

③「期間費用は減ったか」。すなわち、将来的なスループットを生み出すために投入している「お金」が減ったかどうか。これはいわずもがな、常識ですね。しかし、優先順位が3番目に来ているところがミソです。TOCにおいて、固定費の削減は、最重要視されてはいません。

 

それはなぜなのか。企業が目指すべき目標(The Goal)は、「お金を稼ぐこと」だからです。

 

CSR(企業の社会的責任)が重視され、そうでなくとも、ふつう企業が掲げる理念は、いわるゆる「キレイゴト」が並べられていますが、そもそも、企業の存在理由は「お金を稼ぐこと」にあり、お金を稼ぐことの先でしか大義は果たせません。これはシニシズムでも何でもなく、現実です。稼いだお金をどう使うかは常に道着的な問題を孕んでおり、すべての企業家には倫理が要求されます。しかしながら、前提となるのは「お金」です。

 

では、どうやってお金を稼ぐのか。TOCは「制約条件にその他の資源を集中させる」と言います。つまり、「一番遅いところに他が合わせる」ということです。「お金がいちばんの目標」とはいえ、その方法論は、非常にヒューマンです。しかしながら、物理学の見地からしても、それが最も「効率が良い」のです。ここでいう「効率」とは、もちろん、先の3つの条件に照らしての「効率」です。

 

主人公が日本人になっているのに指南役の「ジョナ」と普通に話しているとか、ジョナのビジュアルがユダヤ教のラビのような風貌ではなく、TOC理論の提唱者であるゴールドラット博士の似顔になっていたりと、原作小説をすでに読んでいる身としては引っかかるところですが、マンガとしての完成度を気にする種類の本ではありません。

 

ザ・ゴール コミック版

ザ・ゴール コミック版

 

 

108 / 365

できるかなあー、、

 

365日で合計108の本・映画・演劇に触れることができるのか、というブログです。

365÷108=3.37。3日で1つのペースですね。早くも10日が過ぎようとしています。

 

3冊、読んでない、、、

 

3本、観てない、、、

 

早いうちに取り返せますように、、、